KAZU企画

会員登録13,195名突破!(2017.9.21現在)
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
blog

婚活パーティでのMLMマルチネットワーカーの目的や動き方をお話しします。

ここでは実際勧誘されないためにはどういう点に注意すればよいのか、

お話していきます。

【断り方】

マルチネットワーカーに出会いたくなければ!

誰でも気軽に参加できる軽いノリの飲み会イベントは避けるべき!

マルチネットワーカーがイベントに参加する際の大事なポイントは

「イベント時間が短いこと」と「準備の手間がない」ことです。

そのため、飲み会の社会人サークルやお見合いパーティー、街コンといったものには必ずといってよいほどネットワーカーが参加する確率は多いです。

誰でも手軽に参加できる軽いノリの集まりも多いと聞いてます。

どうしてもマルチと出会いたくなければ、

参加するまでに面倒なお手続きをする厳格な審査基準をクリアした。

会員登録【身分証】【勤務先証明】あるイベントなどに参加することをおススメします。

また結婚色【独身証明】の強いしっかりしてるイベントといったものもおススメです。

 

 

 

※そこまでリスク(個人情報)をかけて面倒くさい会員制のイベントには参加しないと思うので。

 

 

 

女性から連絡先を聞いてくる人は怪しい

ネットワークビジネスをやっている女性の場合、連絡先交換をするために

積極的に自分から男性に連絡先交換をしてきます。(リスト集め)

「もしかして僕に気があるのか」と勘違いしましたが、

世の中の摂理として、こういった出会いの場所で、

女性から男性に連絡先交換を言い出すケースは稀です。

とくに若い女性ほどありえません。

もし積極的に聞かれたら、すこし疑うべきでしょう。

さらに連絡も向こうから積極的にくるようであれば、

かなりの確率でネットワーカーです。

また僕の経験上ですが、

出会い系の婚活イベントに参加しなくても彼氏がいそうなほどカワイイ人も、

高確率でMLMマルチネットワーカーの可能性が高いです。

マルチネットワーカーには女性がかなり多いということです。

しかも綺麗だったりカワイイ人だったり。。。

職業を聞いてみて女性だらけの職場ではないのに、

参加しているカワイイ女性がいたら注意が必要です。

 

男性なのに積極的に男性と仲良くなろうとする人は怪しい

これも経験上ですが、こういう出会いの場なのに

積極的に男性に連絡先交換をしようとする男性参加者は、

MLMネットワーカーの確率が非常に高いです。

 

普通に考えたらあたりまえです。

男性はこういうところにわざわざ男友達を探しにはきません。

当然女高いお金を払っていますから、性との出会いを求めています。

しかも、こういうところにくるということは出会いがなく、彼女が欲しい傾向が強いです。

たまたま気があった1人くらいと交換するのならありえますが、

複数の男性に「積極的」に交換しようとする男性がいたら注意が必要です。

 

交流関係が広いのに来ている参加者

MLMマルチネットワーカーの交友関係は広いです。

ビジネスメンバーを始め、友達作りのプロフェッショナルになっていきますから、

出会いが沢山あります。

 

話をしているうちに、妙に飲み会やっていたりイベントやっていたりして、

「ここに来なくても異性との出会いあるでしょ?」と感じた場合は、

ネットワーカーの可能性が高いです。

 

仕事終わりと休日の過ごし方を聞く

ネットワーカーのほとんどはWワークをしています。

会社員の仕事が終わった後にネットワークビジネス活動を行いますので、

仕事終わりには真っ直ぐ家に帰りません。

仕事終わりのほとんどを外出している場合はかなり怪しいです。

 

仕事休みの日は遠出していないことがポイントです。

1つの予定で時間のかかることは絶対にしませんので、

ほとんど飲み会か友達と会っていると答えるはずです。

「最近は友達とお茶したり、ご飯食べているよ」っと話してきたら怪しいです。

「飲み会とかイベントとかやっているんだ」というのも怪しいです。

妙にアグレッシブなイベントばかりやっている場合は間違いないでしょう。

そもそも、そういうイベントの幹事をできる人間なら、

あまりこのような出会いのイベントには参加しませんから。

 

読書の話題でどのような本を読んでいるのか聞く

もし読書の話題になったら、どのような本を読んでいるのか聞くとよいでしょう。

ビジネス書関連を最近読んでいる場合は少し注意が必要です。

とくに女性はビジネス書は稀でほとんど小説か漫画を読んでいる人が多いです。

「最近ビジネス書とか読んでるの」と答えてきたら、

マルチネットワークビジネスをやっている可能性が高いでしょう。

 

連絡先だけは交換する

 

どうしてもこういうところに参加したい場合は、

ネットワーカーと連絡先交換をするのを避けるのは難しいでしょう。

ネットワーカーじゃないかと思っても、そのひとだけ連絡先交換を拒否するのは、

周りの人にも好印象ではありません。

 

連絡先だけ交換して、後日お誘いがくるので、丁重にお断りするのがベストです。

2人で会うことは絶対に避けてください。

会っても恋愛になりませんし、夢や不満がないか話を引き出され、

健康食品や本を勧められるのがオチです。

ひどいときはいきなりビジネス勧誘が始まるときも。

 

 

※セミナー、ホームパーティーに誘われたら、ご注意です!

 

 

合コンの場合はお誘いを受けても構いません。

友達を連れてきてくれないかとお願いされますが、

参加したい人がいないといっておけば大丈夫です。

下手に誘ってしまうとその友達がターゲットになるかもしれません。

相手主催のイベントの場合も参加しないほうがよいでしょう。

ただの友達広げのパーティの場合もありますが、

MLMネットワーカーが集まるパーティの可能性もあります。

その場合、実力者の紹介がメインになるので、出会いはありません。

 

◎まとめます

 

・女性なのに積極的に連絡先交換をする人は怪しい

・男性なのに積極的に男性に連絡先交換をする人は怪しい

・交友関係が広いのに参加している人は怪しい

・仕事帰りはほとんど外出、最近遠出していない人は怪しい

・最近ビジネス書を読み始めた人はちょっと怪しい

・他の人に悪印象なので、連絡先交換だけはする

・ 後日2人で会うこと、相手主催のイベント参加は避ける

・イベント業者主催とネットワーカー主催の2種類が存在する

・目的は多くの友達をつくること

・実力者に紹介すること(勧誘候補者になっていく)

・金銭的売り上げをあげること

・恋愛目的ではないので、ほぼ恋愛になることはない

・恋愛の出会いの場は、今、勧誘候補の出会いの場になってきている

・ただし合コンは参加してもよい

・有名人、著名人の名前をよく自慢げに出してくる。

・夢を語りだす。

・SNSに楽しそうな集合写真、ホームパーティー、飲み会の写真を載せてる。

(全部が全部ではありません)

・口癖、夢にむかって一緒に頑張ろう!

・そして、洗脳する!

この人達はコミュニケーション能力のプロですから気をつけて下さい。

by KAZU企画 2016.01.26
コメントする

飲み会イベントなどで初めて女性と出会って、

連絡先の交換をして別な日に二人で会う約束をして、いいところを見せようとしたい気持ちはわかりますが、高級なレストランなどをチョイスするのは避けた方が良いと思います。

※経済的に気持ちに余裕がある人は別ですが(笑)

 

なかには、そういうところを希望する人もいますが、ただ、単に男性から誘われたからご馳走してもらう食事目的の女性がいるからです。

いちどは行ってみたいけれど、自分のお金では行けない!

だったら、婚活中の男性から払ってもらっちゃえ!なんて不謹慎な女性は、いちど食事をしたら、それっきり連絡なし!会わない!会ってくれない!

もうね、あきれるほど立派な「食い逃げ」ですよ。これは!今でも、思い出すたびに腹が立ちます!と、過去に男性参加者に相談されたことがあります。

会話も積極的にしようともせず、ただ単に、飲み食いを続ける傾向があります。

もちろん、割り勘する気もいっさいなし!だから、はじめは、喫茶店などで、コーヒーくらい飲んで軽く会話をするほうが断然いいです。

高級店に行くのは、彼女の気持ちを確かめたり、親しくなったりしてからがベストだと思いますよ!

付き合ってから沢山連れて行ってください!

釣った魚に餌をやらない。

と、よく耳にしますが、

釣る前に餌だけ食べられて逃げられる場合もありますからね(笑)

男がおごるのが当たりまえ!男が金出すのが当たりまえ!

と、思ってる女性も中にはいますから・・・

ちなみに僕は女性と二人で飯を食べに行って女性にお金を払わせたことは、

無いですね。

あるかも知れませんが?記憶にありません?

個人的な意見ですが!ケチな男はもてませんよ(笑)

これからカズ企画に参加される男性は、

太っ腹で経済的に気持ちに余裕がある方が多いと思います(^_−)−☆

 

by KAZU企画 2016.01.12
コメントする

 

IMG_7745

新年あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

※おみくじ引いたら「大吉」でした(^_−)−☆

by KAZU企画 2016.01.01
コメントする
カテゴリー
このページのTOPへ
Copyright(c) KAZU KIKAKU 2007.All Rights Reserved